社員インタビュー バイオR&Dグループ 磐田事業所 開発チーム社員インタビュー バイオR&Dグループ 磐田事業所 開発チーム

バイオR&Dグループは、JTの保有するバイオテクノロジー分野の研究開発と事業化をサポートする受託事業を展開しています。
JT植物イノベーションセンター(静岡県磐田市)内にある磐田事業所から、研究開発支援を担当する3名を紹介します。

Natsuki Hayashi2015年度入社バイオR&Dグループ 磐田事業所 開発チーム

JT植物イノベーションセンターで派遣社員として勤務の後、JTクリエイティブサービス バイオR&Dグループ 磐田事業所へ入社。現在はコムギの培養作業をメインに担当。休日は友人たちとイベントに参加するなど、アクティブに過ごしている。

林さんが仕事のやりがいを感じるときは?

JT植物イノベーションセンターでは植物の遺伝子組換え技術の開発などを行っていて、磐田事業所ではそれらの研究開発をサポートしています。私が担当している業務は、イネやコムギといった主要穀物に「乾燥に強い」「たくさん実をつける」など、有用な遺伝子を導入した遺伝子組換え植物を培養作業で作り出すというものです。受注時には「いつまでに、どれだけの数を用意するのか」といった指示があるので、その内容に応じてスケジュールを立て、計画的に作業を進めていきます。

培養をはじめとしたバイオテクノロジー分野の業務では、同じことをしていても日々の結果が異なることがままあります。ですから、スムーズな業務遂行を図るために、ときにはメンバー間での情報共有や意見交換を行うことも。そうした中で、依頼を受けた業務が無事に完了したときは充実感がありますね。

また、JT植物イノベーションセンターの持つバイオテクノロジー分野の技術は世界トップクラスということもあり、そのような素晴らしい環境の下で研究開発に携われるのは大きなやりがいとなっています。

自身の成長や、周りの支援を感じることはありますか?

研究開発というと事業所にこもりがちな印象を持たれるかもしれませんが、実際は事業所の同僚や先輩方と活発なコミュニケーションがあります。その中で、分からないことはすぐに聞くことができ、意見も吸い上げてもらえるため、日々勉強の機会があります。最近は知識や経験を後輩に伝えることも多くなり、自身の成長を実感しています。他グループとの交流もあり、情報交換を通じてスキルアップできるのもいいところですね。

職場の雰囲気はどうですか?

女性の社員が多い職場で、結婚されてお子さんが生まれた後も働いている方がほとんどです。産休・育休などの制度が充実していて、実際に活用されている様子を見ることで、「自分も長く働いていけそうだな」という安心した気持ちになりますね。また、所内通路の荒れた場所の修繕や傷んだ靴の交換など、現場の意見をきちんと反映した環境面の改善をスピーディに行ってもらえることも、働きやすい職場づくりを常に考えてもらえていると感じます。

Another Voice ほかの社員にも聞いてみました

Mika Kuramoto
Mika Kuramoto

磐田事業所開発チーム
1997年度入社

各種制度を活用できる働きやすい職場

私には子どもが3人いますが、産休や育休制度を上手に活用して働いています。残業も少ないので、女性にとっても働きやすく、ワークライフバランスが取りやすい職場です。女性社員は人数も多く、年齢層も幅広いので、仕事だけでなく家事・育児の相談などもしやすいと思いますよ。
キャリアアップの面では、OJT制度を通じて日々の仕事の評価が行われるので、やりがいを持って業務に取り組むことができます。通信教育や研修制度も充実しているので、スキルアップの面でも魅力的な環境です。

Harumi Umehara
Harumi Umehara

磐田事業所開発チーム
2012年度入社

事業所間交流で新たな発見

私の担当業務である温室管理では日々の温度・湿度管理を行って健全な植物の育成をしています。
休日出勤もありますが平日の残業はほとんどなく、有給休暇やプライベートの時間がきちんと取れるのはいいところだと思います。また、たばこR&Dグループ 小山事業所の方々との交流もあり、植物栽培に関する情報交換の中で新たな発見を得られることがあります。この前は手作りの道具を使って、効率的に種まき用の穴を開ける方法を教えてもらいましたよ。

PAGE TOP